わたくしは学生時代の4通年、衣装に全力を注ぎました

身は学生時代の4通年、身だしなみに全力を注ぎました。服飾の大学に通い、半年に1度デザイナーの卵をそろえ、米村のジムを貸し切ってショーを開催しておりました。

試合の華やかな見方とは裏腹に、調節は凄く落ち着きでするどくくじけそうになりました。身は衣装を始める位置付けではなく、切符を売ったり、係を集めて練習の工夫をしたり、第一人者としてスタジアムといった連絡をとってました。

当日の係、車種を含めて82人物をまとめあげるのは正に苦労しました。コミュニケーションをとったり、進度を聞いたり、如何に切符が売り払えるか考えたり…めまぐるしい4通年でした。

やはり、授業は手を抜かないと心に決めてました!

切符が完売した時は心から嬉しかったし、喜びは何にもかえがたいものがありました。
また喜びは再びやってきます。無事にショーが終わり、無事に車種を見送ったあとだ。

毎度常に、心配の糸が切れてその場にぺたりと座り込みます(笑)先々、最後の措置をしている係という何だか微笑みあいます。

あの時はすごい技能だったなぁ~と遅まきながら思います!レイクを利用する

わたくしは学生時代の4通年、衣装に全力を注ぎました